オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
電話片手に作業する男性

わかりやすく作成

ぶれない表現、絶対的な表現のマニュアルは誰が見てもわかりやすいです。
これは、やりやすさだけでなく、新しい環境への適応や慣れの早さにも左右します。
そのため、マニュアル作成は余裕のある時に限らず時間を作って積極的に行うとか、定年に近い人、定年後の延長で勤務される方には本来してほしい業務です。
しかし、ITの駆使が苦手な方もあるので、業務に慣れた1-2年後くらいの人に新人用初心者マニュアル、中堅の人には中級用マニュアルなどを作成してもらうことが理想です。

経営状況に直結
もちろん、店舗の多い小売業やフランチャイズの食品業やサービス業などは言葉遣いなどの細かなマニュアル作成がされているので、しばりがきついです。
しかし、どの店でも同じサービスを受けられるというのが、チェーン店のメリットとしている以上はマニュアル作成と実践は不可欠です。
また、顧客管理にしても顧客に対するサービスもマニュアル作成しておくと、顧客の個人差なくサービスが提供できます。
理にかなったマニュアルのサービスを行うと経営状況にもいい意味で直結します。

顧客管理の情報収集
オンラインショップでは購入者の【住所】【氏名】【電話番号】の個人情報は、商品が売れた時点で得ることができます。
しかし、顧客の個人情報収集も、小規模なアパレルショップの実店舗では難しいのが現実です。
経費を使い特典を用意したメンバーズカードを作成しても、よほどの特典がなければ、個人情報をカルテに頂くことが、メンバーズカードの入会条件のものでは、なかなか入会者が増えないのが現状です。
個人情報を収集し、再来店を促し、一見客を顧客にし、さらには、ロイヤルイカスタマーにしていく為の第一歩として、個人情報を含めた顧客管理が必要です。

マニュアルの作成
せっかく得た、個人情報も、情報を得た時点で満足していては、何の意味ももちません。
ダイレクトメールやメール配信、テレフォンアプローチなど経費を使い実行しても、ポイントを得ていなければ経費の無駄になってしまいます。
さらに、適確でなければ、メール配信やテレフォンアプローチは嫌悪感を持つお客様が多い事も忘れてはいけません。
また、スタッフの能力差もありますから、顧客管理、顧客アプローチにおいてのマニュアル作成がおすすめです。
マニュアル作成プロジェクトを立ち上げて、ショップにあったマニュアルを作成しましょう。

PCの画面

プロジェクト管理

プロジェクトのメンバーが決定したら、偏った内容のマニュアルにならない為のプロジェクト管理が必要になります。
プロジェクトは立ち上げるだけでなく、しっかりとしたプロジェクト管理をすることによって、初めて成果があがと言っても過言ではありません。
プロジェクト管理をしなければ、参加メンバーの力加減や能力差によって、せっかく作り上げたマニュアルも意味のないものになってしまします。
そうならない為に、プロジェクト管理を怠らず、コミュニケーション管理、リスク管理、問題管理、と、あらゆる面から確認し、軌道修正を行いメンバーで何度も意見交換をし、すばらしい顧客管理マニュアル作成をしましょう。

マニュアル作成とは
マニュアル作成はとても大事なものです。
1つ1つのことにマニュアルというものはあるものであり、こうしたマニュアルの数が膨大なものになっているということは企業などにおいてよくあることです。
プロジェクト管理などをきちんとしておくという意味でもマニュアル作成をしておくということは、とても大事です。
マニュアルはプロジェクトの資料を取りだすという意味でも大事なものになっています。
きちんと考慮することで最適な管理システムにすることが出来ます。

顧客管理にも
顧客管理というものはビジネスを行っている全ての企業にとってもっとも重要なものです。
こうした顧客管理をきちんとしている企業はとても多くの人に支持されることになりますし、継続的にサービスを利用してもらうという意味でも欠かせないものになっています。
きちんと管理しておくという意味でマニュアル作成をきちんとしておくということが必要になります。
こうしたマニュアル作成はとても多くの場面で必要になっていくものです。

管理の重要性とは
管理をきちんとしておくということは、とても大事です。
顧客管理などは必要な情報を取り出すということも大事になりますし、こうした顧客管理に関する情報などは個人情報なども含まれていることがあるので扱いにはきちんとしたマニュアルを作成をしておくということが欠かせないものになっています。
管理しておくということは企業にとって大きな価値のあるものを守るということになもなりますし、しっかりと行っておくことは利益を伸ばす上でも必要です。